出会い頭には本をもって

いろいろな考え方や気持ちを動かす本を通して、ゆるやかな気持ちに出会えるブログ

縁とは呪いである『火のないところに煙は』芦沢央【感想】

 
「縁」と聞くと何かとてもめでたいことのように思える。人との出会いや偶然であった物。そういうことがあるから人生は色づくものだ。
 
しかし時に縁とは「呪い」である。出会ってしまったが故に、一生切れない呪いとなる。『火のないところに煙は』と出会い、読み進めるうちに僕もこの本との縁が呪いであることに気づいたのだ。
 
僕は、読んではいけないものを読んでしまったのかもしれない。
2019年、本屋大賞ノミネート作品。

f:id:johnny2019:20190301132551j:image

 

あらすじ

本年度ミステリ・ランキングの大本命! この面白さ、《決して疑ってはいけない》……。「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」。突然の依頼に、かつての凄惨な体験が作家の脳裏に浮かぶ。解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。作家は、事件を小説にすることで解決を目論むが――。驚愕の展開とどんでん返しの波状攻撃、そして導かれる最恐の真実。読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリ!

Amazon内容紹介より引用

こんな人におすすめ!

  • とにかくゾクゾクしたい
  • 怖い経験をしたことがある

ここがポイント!

実話か創作か分からない短編集

短編集の1話『染み』は、作者が「小説新潮」から短編小説の執筆を依頼されるところから始まります。『許されようとは思いません』という小説が作中に登場しているため、主人公は作者である芦沢央さんであると推定できます。そのため実話のように話が進むのですが、内容は怪談。作者を中心として身の回りに起きた怪異の話です。

そして読み進めていくうちに、これが実話だったらただじゃ済まないと思うようになってきます。果たしてこの話は、創作として描かれた怪談なのか、それとも実際に起こった話なのか……。

最後に浮かび上がるゾワリとした感情

短編集5作を読み終えた最後に、『禁忌』という書き下ろし作品が収録されていますが、この話が一番恐ろしい。もちろん前5作も背筋が凍るような怖さを感じる作品です。

しかし、最終話を読むと、読んできた短編にある違和感を感じるようになります。その違和感に気づき、また作品一つ一つを思い出し、最終話を読み終えたときには、感じたことのない恐怖が身を襲います。

自分はこの本を読んで良かったのか…?と。

最後に

人はわからないもの、曖昧なものに恐怖を抱くものです。

体に不調を感じた時、病院に行って診断結果を受けると、不調の理由がわかり安心する。また、付き合ってはいないけど、この関係はなんだろうという状況で心はもやもやする。

そういう不安に感じたものにどうにか名前をつけて、人々は安心を生み出しています。

 

だからもしかすると「怪異」という言葉も、説明できない現象に対して、どうにか心を落ち着けようと生み出して生まれた、人間の知恵のようなものなのかもしれませんね。